会員の山行報告へのコメントは画像掲示板へおねがいします。

2011年10月02日

由布川ゴルジュ

【報 告 者】ますも
【日   時】2011年10月2日(日)
【参 加 者】しろきり、ますも、yamaaki会員外1名(H井)
【行   程】岡集落付近7時30分−由布川橋下−ミコヤシキの滝15時?−緑色の階段


祝川本流ゴルジュの遡行を終え美人の湯で「次は由布川渓谷へ」と白きりさんのお誘い、メンバー一同水質が悪いので、、と乗る気になれない。しかし白きりさんの熱意に押されてだろうか?9月19日に同じメンバーで行く事になる。ただこの日は雨で中止に、、。
 日をあらためて、10月2日に変更。今回のメンバーは白きりさん・H井さん・ますもの3人との事。島地便さん・ゼルプスさんは不参加。泳ぎが達者な先輩お二人には着いて行けない。薄暗いゴルジュで一人取り残されるのは怖い。急遽yamaakiさんにお願いして参加して頂く事に。

pa020261.jpg


続きを読む
posted by asobow at 00:00| 沢登り

2011年09月11日

鹿児島 津房川左俣遡行(大隅半島)

【報 告 者】りりぃ
【日   時】2011年9月11日(日)
【参 加 者】もも太、りりぃ、会員外(sawaya、kiyodon、直登、のんべい)
≪ 日  程 ≫
 熊本(5:30)〜国見平トンネルを抜けた駐車場(8:30)〜入渓(9:00)〜遡行終了(14:00)〜温泉〜熊本(20:00)
写真1 津房.JPG


 真夏のある夜、鹿児島のひっちゃれ会 “のんべいさん”のブログを見ていたら、六つ星の沢と津房川のことを紹介していた。通常5つまでの☆がなんと6つも付いている☆☆☆☆☆☆。よっぽどのんべいさんはお気に召したのだろう。いつも以上に楽しそうで、読めば読むほど行ってみたーい♪との衝動に駆られる。 (〃▽〃)メール送信⇒⇒⇒。 
続きを読む
posted by asobow at 00:00| 沢登り

2010年08月29日

鉾岳沢登り

☆ステキな沢登り☆(鉾岳沢)

【報告者】:りりぃ
【参加者】もも太、りりぃ、会員外(sawaya、まっちゃん、フォトハンター、黒ぴょん、くみ)
【場 所】宮崎県 鉾岳沢
【日 程】8月29日(日)
8:30鹿川キャンプ場〜12:20遡行終了・昼食〜13:30鹿川キャンプ場

写真1.jpg

 沢登りの時はいつもワクワクドキドキ♪
まるで初恋の甘酸っぱさ、初めてのデートの前日のような高揚感に包まれる。

空には雲がかかって、蒸し暑い。
大津の駐車場で大塚さん、下津留川中俣を遡行してきたという相変わらずパワフルなsawayaさん、鹿児島のくみちゃんと待ち合わせて本日の宿泊地、比叡の西都山岳会所有「麓屋」のお隣にある公民館に向かう。
高森辺りで目の前に虹が出現。虹が見れただけでもラッキー♪なのに、この虹はまるで手を伸ばせば届きそうな距離にある。
虹と同じ七色の歓声が飛び交い車内は大興奮。そんな虹を何度も何度も見れたのだから、幸先が良いはず♪
だが、高千穂で買い物を済ませて車に戻ると雨が降り出していた…。
公民館に着く頃には大雨。宮崎からまっちゃんとフォトハンターさんが、福岡からは黒ぴょんさんが合流。
このまま強い雨が降り続くようなら沢はデンジャラス!
せっかく出向いて来たからには、水の神様に微笑んでほしい。
みんな一様に明日の天気次第で「鹿納谷」か「鉾岳沢」どちらになるのかで気をもんでいる様子。特にまっちゃんは鹿納谷リベンジを狙っていたようなのでなおさらであったろう。
シトシト降る雨音をBGMに聴きながら、7人7様の想いを抱き12時就寝。宴会は楽しかった。
続きを読む
posted by asobow at 00:00| 沢登り

2010年07月25日

8月会山行(さまん谷)沢登り

【報告者】隈タカ
【日時】2010年7月25日
【参加者】隈タカ・yamaaki・toku
【行程】ほしこがINキャンプ場より駐車スペースへ(7:30)−さまん谷入渓(8:00)−終了点(12:10)−駐車スペース(13:00)
【天気】晴れ
【山行名】8月会山行(さまん谷)沢登り

今回は、8月に行う予定の会山行を諸事情により前倒しして7月末に行った。
行き先は、私自身3度目の遡行になるさまん谷の沢登りである。
前回二度は、頼もしいリーダーがいて、自分はあとをくっついていくだけで済んだのだが、
今回は、自分がリーダーとしてルートを決めリードをする必要があり、メンバーの状態も考えて行く必要があり責任重大である。

sNO.1.jpg


続きを読む
posted by asobow at 23:13| 沢登り

2010年07月17日

国見平沢(広瀬川)沢登り

【報 告 者】キーボウ
【日   時】2010年7月17(土)〜18日(日)
【参 加 者】Yamaaki、りりぃ、モモ太、キーボウ
【日   程】
 (17日)運動公園駐車場(14:00) = 国分・鹿屋を経て = 国見トンネル出口駐車場(18:00)
(18日)入渓地点(8:00)〜幅広ナメ20m滝前(8:40)〜大五郎岩(8:45)〜幅広15m滝(9:15)〜10段ナメ滝(10:40)〜ナメの最後(11:00)〜詰めの小滝(11:45)〜林道(12:30/13:00)〜滝沢が交差する下の林道(14:30)〜入渓地点(15:00) == 温泉(遊湯ランド アイラ) == 鹿屋・国分を経て = 熊本(20:00)


今年初めての沢として、評判の高い「国見平沢」を選んだ。この沢は、2001年7月の山渓で「天国の沢」と紹介されていて、その時から注目していた沢だ。これまで、どういうわけか計画する機会が無かった。
IMG_2691.jpg土曜日の午後、熊本県民総合運動公園駐車場に集結し、一路、大隈半島を目指した。鹿屋市内で買出し、そして温泉(鹿屋温泉センター)に入り、ロケットの打ち上げ基地で有名な内之浦に向った。長い長い国見トンネルを抜けるとすぐそこが駐車スペース。トイレもあり、テン場にぴったり。若干、傾斜はあるものの、早速アウトドア用のテントを張り、炭火を起こしてバーベキューに、宴会に突入。僕は、いつの間にか眠ってしまい、沢登りの朝が明けた。天候は曇り時々晴れといった感じ。
500mくらい内之浦方向に進み本流の橋を渡るとすぐ左手に林道が走っている。この林道は、車の進入が禁止。車止めの横になんとか2〜3台駐車可能なスペースがある。
準備を整え、いざ出発。右俣沿いに200mも進むと林道は川を渡る。ここで、右俣の左岸沿いに延びる狭い林道に入る。堰堤を二つ巻いた辺りで入渓とする。
続きを読む
posted by asobow at 00:00| 沢登り