会員の山行報告へのコメントは画像掲示板へおねがいします。

2017年09月09日

日向神サンセットでルート開拓

【報 告 者】緒方一成
【日   時】2017年9月9日〜10月8日
【参 加 者】緒方、会員数名
1 はじめに 
  5月にサンセットエリアの「日曜よりの使者 5.12a」をRPした後は初・中級者に人気のあるこのエリアにルートが拓けないかとずっと思っていた。「ルートを拓く」という目で岩場を見ていると、意外な所に可能性は感じられてくるものだ。
 いつの頃からか「八女茶のチャチャチャ 5.10a 長友」の上部にあるスラブと、「エルニーニョ 5.11a 土村」の上部にも試登のためらしいボルト(打ったのは長友さん)が見えていて開拓の可能性を感じていた。
 2ヶ所とも長友さんのボルトを使うことになりそうだったので事前に連絡すると「ルートが増えるのはいいことです」と快諾を得た。

2 「若い時のりりぃ」開拓(9月9日)
前日にフジミさんが開拓に協力を申し出てくださり嬉しかった。ショートルートの開拓なのでボルト打ちになると一人での作業になる。まずは終了点設置のために、予定ラインの右側にある無名ルート(5.10bぐらい)をフジミさんに登ってもらい、トップロープを架けてもらった。意外にもフジミさんはマスターオンサイトは初めてであったらしい。
この無名ルートの終了点からトップロープにしてテラスから上部を試登した。岩の表面がぱりぱりとはげるところもあるが、うまく登れたので22mの高さのあたりに終了点を設置した。これは50mロープを使用する人が多いことへの配慮である。岩質は柔らかく、ドリル作業は楽であった。
一番の苦労は「八女茶〜」終了点左横のテラスに残ったブッシュの除去である。しっかり潅木が根をはり、土の中には大量の岩片が埋まっていた。ユマールを使って掃除をして、一気に7本のボルトを打って降りてきたら午後2時30分で、遅い昼食となった。下部の4本目までは「八女茶〜」ルートのボルトを共用している。
夕方、カワコウくんのビレイで初登した。グレードは(5.10c)ぐらいか。
image001.jpg

【ハング上部にあったブッシュを取り除く作業】

この夜は茨城に引っ越すりりぃさんのお別れ会が「グリーンパル日向神」で盛大に行われた。この席で新ルートはりりぃさんのメモリアルルートにすることにした。ちょうどりりぃさんがイケイケの若い時の写真を見せられたのが印象的だったので、ルート名は「若い時のりりぃ」とした。

3 翌日(9月10日)
 日曜日なので多くの人がサンセットには集まっていた。さっそく新ルートをみなさんに登っていただいた。@キーボウさん Aユジンさん B山崎たけしさん Cゆきえさん Dこがさんと全員がオンサイトされた。
「若い時のりりぃ 5.10c B11 22m 緒方」の完成である。
image003.jpg

【左が「エルニーニョ」、中央が「善秋くんのおかげです」、一番右が「若い時のりりぃ」】

4 「エルの上まで」(9月23日)
 次のターゲットは「エルニーニョ 5.11a」の上部である。参加者はフジミさん、あり吉さん、ユジンさん、井田さん。
この日はまず「善秋くんのおかげです」を登って、エルニーニョの上部8mぐらいにある終了点に到達。ここでトップロープにして試登をした。結果的には中間部が登れず、大きな浮石がいくつもあって魅力的なところが乏しかった。
ルート名は「エルの上まで」と分かりやすい名前を用意していたが不発に終わった。写真の左下に「エルニーニョ」の終了点が見える。
午後はエルニーニョにトップロープをかけて、下部の苔落としをした。苔がしっとりと湿っており、掃除ははかどらなかった。
image005.jpg


5 「赤い実のヤマボウシ」開拓(10月1日)
 1週間後に訪れると岩場はよく乾いていた。「エルニーニョ」の3ピン目にトップロープを仕掛けてまた下部の大掃除をした。苔が面白いように落ちていった。
 そしてトップロープでトライすると思ったよりもスムーズにハングを越えることができた。5.10cぐらいか。さっそくドリルを荷揚げして終了点に2本、ライン上にボルトを4本打った。
 「さあ、1発でマスターリードだ!」と意気込んで登ってみるとこれが意外と厳しかった。特に3ピン目はクリップさえも遠くて難しい。ボルトを合計6本連続で打った疲労が腕に出てきたのだ。じたばたしているうちに右前腕がつってきて、敢え無くテンション。周りの人々からの「何をやっているんだ。早く作って登らせてくれ!」という視線を熱く感じた。
 結局3便目でやっと初登できた。すぐに山崎さん、清川さんが続けてオンサイトし、グレードは5.11aで落ち着いた。ルート名は山崎ゆきえさんの「秋にちなんだもの」というリクエストに応えて「赤い実のヤマボウシ 5.11a B4 10m 緒方」とした。
 この日に登った3人はそれぞれに迷いながら違うホールドを使って登ったのが面白かった。
image007.jpg

【写真はオンサイトする山崎たけしさん】


6 「赤い実のエルニーニョ?」初登(10月8日)
 また1週間後にサンセットを訪れると岩場の下部はしっとりと湿っていた。午後になり生乾きではあったが枝村さんが「赤い実のヤマボウシ」をオンサイトされた。流石である。その後は相澤さんが何回もトライしてついにRPされた。
 そして私もまた登ってみたが、人のムーブではどうしても足がホールドに乗らず自分のムーブでリピートできた。
更に私は続けて「エルニーニョ 5.11a」まで登った。これが「エルニーニョ」のバリエーションとして「赤い実のエルニーニョ 5.11b?」の初登となった。
image009.jpg

image011.jpg

image013.jpg
posted by asobow at 00:00| フリークライミング