会員の山行報告へのコメントは画像掲示板へおねがいします。

2011年05月14日

祖母傾馬蹄形完全縦走、日中1日完踏

【報告者】toku
【日 時】 20110514
【参加者】 toku
【山行名】縦走(トレラン)
【行 程】5月14日 晴れ、朝方風強し
4:00起床、5:21九折登山口スタート(三つ坊主コース経由)、8:00傾山、9:24笠松山、10:00本谷山、10:40ブナ広場、12:13古祖母山、12:59障子岳、14:02祖母山、16:29大障子岩、17:40前障子(障子岩)、19:00上畑登山口
所要時間13時間39分、日の出5:19 日の入り19:07、太陽が出ている間に完踏できた。

●誰が言い出したのか知らないけれど距離40km、累積標高3500mの祖母傾馬蹄形完全縦走というのがあるそうな、
山登りの経験もほとんどなく60リットルのザックを買ったばかり、どこかテント泊縦走したいなと思っていたところに、そんな縦走があるということで、2009年5月に1泊2日の行程で完全縦走をすることになった。(詳しくはこちらで http://asobow.sakura.ne.jp/rep/20090523.html
縦走に行く前にいろいろ調べていたら1日で回るのに情熱を燃やしている人もいるんだというくらいに思っていたが、1泊2日の縦走を終えて、いつか自分もやってみようと思い始めた。
今年はランニングのトレーニングも阿蘇カルデラ100kmに向けて順調に進んでいるし、カルデラ前のトレーニングにもなるしと計画、ルート図の所要時間に0.6を掛けるとどうにか12時間くらいで回れそうだということで、日の明るいうちに1周できるかにチャレンジした。

●前日は仕事を早めに切り上げて、装備の準備をする。今回はできるだけ軽量化をするということと、もしかしたら時間切れでビバークするかもしれないことを念頭に準備した。食料は行動食のみ(ゼリー4つ、エネルギーバー2つ、アミノ酸3つ、キャラメル15個、飴6個、ごんじり7つ、おにぎり1個、アンパン1個)、水分はスポーツドリンク500cc、水2.5リットル(途中で補給)、服装は上は長そでアンダーウェア、半袖シャツ、下はサポートタイツにハーフパンツ、靴はトレラン用シューズ、防寒として薄手のウィンドブレーカーを持って行った。雨具は最後まで悩んだが降水確率と気温を考え軽量化のため外した。また、ビバークを考え、最初はツェルトを持って行こうと思ったが大きいものしかもっていないのでシュラフカバーに変更した。それと薄手のダウンジャケットを入れた。後は緊急用のロープ5mm×10m、カラビナ1個、スリング120cm1本、エマージェンシーシートほかである。装備は水を除いて4.5kgに抑えることができた。水を入れても7kgである。

IMGP4277.jpg
  
食糧 
          

IMGP4278.jpg

装備


 途中で夕食を取り九折登山口には夜の9時に着いた。買ってきたビールで一人さみしく前夜祭をした。2本買ってきたビールのうち、1本しか飲まずに(ビールを残すなんて珍しい!明日のことを考えると2本飲むことができなかった(涙))早々と眠りに着いた。
続きを読む
posted by asobow at 00:00| 縦走

2011年05月03日

剱岳源治郎尾根主稜ルート

【報告者】 しろきり、toku
【日 時】 20110503-07
【参加者】 しろきり(L)、toku
【山行名】残雪期バリエーション
【行 程】
●3日 【天 気】 曇りのち雨・雪
熊本6:00発 博多 新大阪 富山12:59着
富山13:50発 立山 美女平 室堂16:10着
雷鳥沢キャンプ場
●4日 【天 気】 曇り、風強し(10m強)
雷鳥沢キャンプ場7:10 別山乗越(休憩)8:54-9:27 剣沢キャンプ場9:43着
テント設営後 源次郎尾根取付き確認
●5日 【天 気】 快晴、風弱し
剣沢テント場出発5:40、取り付き点6:24、支尾根7:36、第1ピーク8:11、T峰
9:06、U峰10:00、U峰コル10:27-10:58(休憩)、剱岳11:52-12:20(休憩)、前
剱13:10、一服剱13:43、剣山荘14:29-15:54(ビール飲みました)、剱沢キャンプ
場16:34
●6日 【天 気】 快晴
剱沢キャンプ場9:43 別山乗越11:04 別山11:32-11:54 別山乗越12:12 雷鳥
坂経由 雷鳥沢キャンプ場12:56
●7日 【天 気】 曇りのち晴れ
雷鳥沢キャンプ場6:16 室堂7:17-8:00 立山 富山10:10-14:19発 新大阪
熊本21:00着
--------------------------------------------------------------
● 報告者(しろきり) ●
■4日に剣沢テント場に入りアプローチの確認に向かおうと準備していると巡回して
きた山岳パトロール隊員から平蔵谷で大きなブロック雪崩が発生しているので入らな
いようにと指示を受ける。源治郎尾根で福岡パーティの遭難と三の窓で県警救助隊の
遭難が発生したばかりで今年は雪量が多く不安定とのこと。
テント場で5人パーティ、下見途中で4人パーティが源次郎尾根より引き返して来た、
4人パーティは長野県から来ていて二十回くらい登っているが今年は例年より3・4m
雪が多くV峰(懸垂下降地点)まで登ったが引き返したとのこと。
天候もどんよりとした曇り空で冬山の雰囲気である。取り付き付近まで下ってみると
平蔵谷からのブロック雪崩でできたデプリが八つ峰基部に達するほどの規模で押し出
している。ちょうど昼過ぎの気温が緩んできた時間帯だったので平蔵谷には近づかず
アプローチの確認だけで引き返す。

■ 5日テント場を出てクラストした剣沢の雪面をアイゼンで下り始める、平蔵谷末
端の幅50mほどのデプリを乗り越えて6時過ぎに取り付き点に着いた。天候は期待
通り快晴になった。登攀準備をして左右の尾根に挟まれたルンゼの中央をノーザイル
で詰めていき左の雪稜に回り込んだところでザイルを出す。部分的にミックスになっ
た稜線を2ピッチ登り、3ピッチ目からはコンテニアスでザイルを伸ばしT峰にたど
り着く。正面に剣岳、右に八つ峰、長次郎谷が見渡せる。T峰からは雪稜のナイフ
エッジを越えて急な雪壁ではビレーを取りU峰にたどり着く。U峰を越えて再び雪稜
のナイフエッジの先が切れ落ち懸垂下降の残置ロープがあった。目算で25mも無いの
でロープ一本で下降する。U峰のコルで30分ほど休憩し頂上に向かう、驚いたことに
頂上直下でスキーヤー3名が平蔵谷に向かって滑降していた。急な斜面を大声を上げ
ながらターンしている。私も以前、乗鞍岳の頂上から山スキーで滑り降りたことがあ
るが、アイスバーンの急斜面をターンすたびに命懸けの決断が必要だった、大声の意
味が良くわかる。
スキーヤーを左手に見ながら頂上に向かう雪稜をひたすら高度を稼いでいくと祠のあ
る剣岳頂上にでた。青空の下、大パノラマが広がり後立山連峰、穂高連峰も見渡せ、
これこそ春山を満喫した気分だ。
剣岳頂上で携帯が使えたので留守本部のH井氏に登攀終了の報告をする。

■頂上から平蔵谷を下りたかったが、雪が不安定で時間帯が悪すぎた。別山尾根を下
ることにする。早月尾根との分岐を左に取り、カニの横ばいで鎖場、ハシゴを過ぎる
と雪面の不安定なトラバースが10mほど続く、長野パーティの別動隊がザイルを使っ
てダブルアックスでクリアしたと言っていた場所で気が抜けない。あとは腐った雪に
注意しながら剣山荘を目指して下る。
剣山荘でガイド他3名のパーティの情報では小窓尾根はまだ取り付いたパーティは居
ないとのこと。池ノ谷から三の窓の雪面で雪崩が起き県警救助隊員が遭難死したばか
りで今年は雪が不安定とのこと。明日三の窓、明後日小窓尾根の行程を断念すること
にした。

■今回の山行では当初3人の予定がH井氏の脱落で急遽2名なってしまった。
出発2日前のことで驚いたが、やむを得ない理由だったし、今回は春山でもありルー
トも難しくなかったのでパートナーのtokuさんとは直ぐに予定通り決行を確認しあっ
た。不安材料は私の右肩がまだ完全でなく90%くらいしか腕が上に伸びないことと、
tokuさんの雪山の経験が少ないことと、それと急な変更で装備軽量化ができなかっ
た。たしかに会のみなさんに心配していただいた通り計画内容は万全ではなかった。
しかしtokuさんの体力と精神的な安定感はパートナーとして十分だった。担当しても
らった食料計画はいまいちだったが、天候に恵まれ、パートナーに恵まれ、おかげで
楽しい山行をさせてもらい感謝したい。最後に剣沢でなくなったM氏は九州脊梁トレ
ランで我々よりもはるかに早いタイムで完走していた。そのときはクライミングはほ
とんどダメでH井氏に教わっていますと謙遜していた。しかし、実際は冬の大山、ア
イスクライミング経験と実力は十分なうえに体力がありながら意外にも春山のテント
場近くで無念の結果となってしまった。
H井氏からの話を聞いて察するには、雪崩からは腰まで埋もれて脱出できたが、その
後の春の嵐みたいな急な暴風雨にさらされてしまったことが最大の原因と思う。剣沢
はまだ雪と氷の世界だから雨に濡れてしまい活動を止めてしまったらこれだけの体力
の持ち主もひとたまりも無い。トラブル続きで行動食の取り方も十分でなかったかも
しれない。山仲間の冥福を祈ると共に大事な教訓にしたい。

--------------------------------------------
● 報告者(toku) ●
GWに剱岳に登ってきました。昨年の12月から、なぜか雪山に行きたいと思うように
なり、1月の会山行の大山を楽しみにしていたが、あいにくの天気により中止となっ
た。せっかく購入した靴・アイゼン・ピッケルが使えなくなった。
反動で例年になく多雪の阿蘇・九重に何度となく登りに行った。せっかくだからGWは
春山に行きたい、連れて行ってもらいたいと、しろきりさんに言っていた。
GWに春山に行くと連絡があり、場所はどこかと思うと、剱岳源次郎尾根とか、どうい
うところかもわからず、ネットや本でいろいろと調べると、いきなりのバリエーショ
ンルートであった。しかし、しろきりさんに加え、H井さんも行くということでベテ
ラン2人に連れて行ってもらう機会はなかなか無いということもあり、参加すること
にした。
 ところが出発直前の2日の朝、剱岳で遭難事故があったとしろきりさんから連絡が
入った。しかも、知人の遭難死が告げられた。H井さんは参加できないとのこと、ベ
テラン一人に初心者一人、しかも、身近な人の死も、うーんと悩んだが、この機会を
逃したら、いつ行けるか分からないと思い決心した。

●3日 開通したばかりの九州新幹線、熊本駅始発のさくらに乗って出発、しろきり
さんの奥さんに熊本駅まで送っていただく。博多駅、新大阪駅と乗換、12:59に富山
駅に着く。富山から、富山地鉄、ケーブルカー、高原バスと乗換、室堂には16:10に
ついた。高原バスに乗っていたときは雨が降っていたが、室堂では雪に変わった。ガ
スがかかって100m先も見えない。徒歩1時間で雷鳥沢キャンプ場に着く。途中で雷
鳥を見ることができた。蛙のような鳴き声も聞けた。テントを設営し富山で購入して
きたすき焼きの材料で夕飯の支度をする。明日は剱沢までの移動とアプローチの確認
のみ、時間はたっぷりある。同じく富山で仕入れてきていたビールで乾杯、熊本から
焼酎も持ってきていたので、ゆっくりと夜更けを楽しんだ。

●4日 曇り、風強し10m以上ありそうだ。周りの山の山頂が全く見えない。
強風の中、別山乗越にむけて雷鳥坂を登る。かなりのこう配に、20kg以上のザック
を担いでゆっくりと一歩一歩登っていく。標高約2500m、酸素が薄い、息がもの
すごく上がってしまう。2時間弱で剱御前小舎に着く、小屋の中はストーブがあり、
強風を避けゆっくりと行動食を取ることができた。しばしゆっくりしていると、外に
出たくなくなってくる。1時間半も休憩してしまった。
ここからは下り、剱沢キャンプ場までは30分もかからなかった。テント場には雪の
ブロックで風除けを作ったテントがいくつも建っていた。折よく、雪ブロックで風除
けを作ってある空きスペースがあったので使わせてもらうことにした。前日は初めて
の雪ブロック作りをしたが結構疲れたので助かった。風雪の中、テントを設営してい
ると富山県警の方が来て雪の状況を話してくれた。平蔵谷は雪崩が起きたばかりで不
安定なので使うなということだった。テント設営も終わり下見に向かう。雪は固くア
イゼンも有効に利いている。剱沢のかなりの斜面を下っていくと平蔵谷の下の方に大
量のデブリが見える。下の方から4人パーティが登ってきた。話を聞くと昨日の朝3
時から出てビバーク後に戻ってきたそうだ。源次郎尾根取付きのルンゼを確認して戻
る。雪渓を登るのがきつい。雪が腐ってきて足が埋まる。午前中に行動しなければ相
当体力を消耗しそうだ。テントに戻り、ひと眠りする。夕方になって外に出てみると
晴れ間が出ていた。明日の天気に期待が出てくる。時間はたっぷりあるので、ご飯を
炊くことに、しかし大失敗!焦げご飯というか炭ご飯ができた(涙)。レトルトカ
レーをかけてどうにか食べ終わる。

●5日快晴、風も弱し、登攀日和
(天候よし、気分も盛り上がり、モチベーションかなりアップ)

IMGP4041.jpg

 天気最高の絶景の剱岳

続きを読む
posted by asobow at 00:00| 雪山

2011年05月02日

屋久島ハイクpart2〜縄文杉編〜

【報 告 者】りりぃ
【日   時】2011年5月2日(月)
【参 加 者】りりぃ、(会員外 Tammy、小りりぃ)
≪ 日  程 ≫
 屋久杉自然館発荒川登山バス(04:40)…荒川登山口(05:20)〜大株歩道入口(07:50)〜ウィルソン株(08:10)〜縄文杉(09:20)〜昼食(10:20)〜自然遊歩道(11:10)〜ウィルソン株(11:45)〜大株歩道入口(12:12)〜楠川分れ(13:13)〜荒川登山口(13:55)=登山バス(14:30)…屋久杉自然館前(15:20)


19 縄文杉.jpg

縄文杉


≪ 報 告 ≫
 午前3時15分に起きて(正確にはTammyさんに起こしてもらって)身支度を整え、キーボウさん達に車で屋久島自然館まで送ってもらう。すでに4:40の始発バスを待つ人々でごったがえしている。この調子ならバスは3台くらい必要になるのではなかろうか?などといらぬ心配をする。バスにかれこれ40分くらい揺られて荒川登山口に到着。辺りはまだ真っ暗だ。ヘッドランプを付けて歩き出す。んっ… なんか変。気持ち悪い(;へ;) バスに酔ったのか? Tammyさんには先に行ってもらう。小りりぃが心配そうな顔で覗き込んでいる。2度ほど吐いたらすっきりとした。こう見えてもけっこうデリートにできているのよねー(^_^;)
気を取り直してトロッコ道を歩く。このトロッコ道は片道8km。そのうち2.6kmは、枕木の軌道だ。とにかく歩きにくい。それにちゃんと足元を見ていないと躓きそうになる。体調が万全でないので少しゆっくり歩く。

20 トロッコ道.jpg

トロッコ道


続きを読む
posted by asobow at 00:00| ハイキング

2011年05月01日

屋久島ハイクpart1〜白谷雲水峡編〜

【報 告 者】りりぃ
【日   時】2011年5月1日(日)
【参 加 者】キーボウ、ユジン、りりぃ、(会員外 Tammy、小りりぃ)
≪ 日  程 ≫
 白谷雲水峡駐車場(13:30)〜苔むす森(15:00)〜太鼓岩(15:20)〜辻の岩屋(16:00)〜原生林コース分岐(16:30)〜白谷雲水峡駐車場(17:50)

1 番屋峯キャンプ場5.1.jpg
≪ 報 告 ≫
 今回の屋久島遠征のメンバーは会長・ユジンさん・りりぃ・会員外からTammyさん・そしてりりぃの娘、小りりぃの5名だ。
今回ご一緒させていただくことになったTammyさんは小柄でとても可愛らしい方ながら12クライマーというすご〜い女性なのだ。Tammyさん、小りりぃが屋久島は初めてということなので当初の計画では4泊5日、あれもこれもそれもと欲張った屋久島満喫プランだったのだが、そこは屋久島、お天気は私たちの願うようにはならなかった…。
まぁ キーボウさんとユジンさんの今回の遠征のメインであるマルチピッチクライミング(モッチョム岳フリーウェイ 11クライマー以上限定)が完登できたこと、ハイク組は縄文杉と白谷雲水峡のもののけの森を見れたから良しとしましょう(*^_^*)  とても楽しかったもの♪

【4月30日】
30日未明AM3:00りりぃ宅集合の予定。時計の針は真夜中12時。2時間ほど仮眠をとろうかなとしていたら、会長到着。なんでぇ〜(^_^;)  福岡組のユジンさん、Tammyさんも2時過ぎに到着。みんな…早いね…。 屋久島までの移動中に眠ればいいや。なんて思っていたけど荷物の間に人がいるってかんじでとてもじゃないけど眠れない。
今回はレンタカーではなくて車を持っていくことにしたから、クライミングのガチャ類やロープ、重ーいザックも持たないでフェリーに乗り込めるのは楽で本当にいい (*^^)v
フェリーの中で万が一のため小りりぃに必要最低限のロープワークを伝授。
到着後すぐさま屋久島宮之浦港の観光案内所で縄文杉用の荒川登山バス券を購入。
安房の番屋峯キャンプ場にテントを張って隣接の屋久どんで昼食。クライミング組は取付きまでのルート確認に行くので、送りながらみんなで竜神の滝を見たりした。結構な水量があり迫力満点。
モッチョム岳の入山地点で二人を下ろし、ハイク組は尾の間温泉へ。時間的に早いので空いていた(*^^)v 敷き詰められた石の間からコポコポと熱い湯が湧き出している。

【5月1日】
雨の朝。夜中、豪雨のためテント浸水。テントの中に水たまりが…。そんなの想定外だわ (>_<) マットとマットの間から水があがって来てシュラフも濡れてしまった…(;−;) シュラフカバーが必要だった? コーヒーを飲んだりしてしばしうだうだと過ごす。
少し小雨になり綺麗な虹のアーチが出現。皆のテンションも一気に急上昇↑。天気予報では午後からは晴マーク。午前中は滝巡りをすることに。先ずは、竜神の滝。昨日も迫力満点で申し分なかったのだが、今日はもの凄いことになっており一同皆大笑い。
次は千尋の滝。こちらも去年の穏やかな滝を知っているだけに会長、ユジンさんと顔を見合わせて笑ってしまった。出来れば今回も鯛之川スラブを登りたいなぁなんて考えていたけど無理そう…。

昨年の千尋之滝

5.1 千尋滝A.jpg

 【千尋の滝展望台より 2010年5月】
  

photo (3).jpg

【2011年5月】

3番目は屋久島を代表する大川の滝。日本の滝100選にも選ばれている名瀑。落差88mから流れ落ちる2条の滝は美しく壮厳。滝の飛沫が霧雨状態で辺りを濡らし、傘しか持たない観光客はびしょ濡れであった。

4 大川の滝.jpg

大川の滝


続きを読む
posted by asobow at 00:00| ハイキング